大学受験
高校受験
先生ランキング
先生として参戦する
ログイン 無料登録
俯瞰する世界史(65)
縦(時系列)と横(地域間)の視点を縦横に駆使して、教科書の事実から人類の歩みのダイナミズムを描き出します。いわゆる論述系の入試対策が必要な方はもちろんのこと、単なる事実の羅列に飽き足らない、「どうしてこうなったのか」を考えたい方にもお勧めします。
カリキュラム一覧
ikutake先生
各時代の教科書事項をつかったハイレベルな内容
対象 各時代の知識を結びつけられない人
むーらん先生
難関国立大受験、さらにはその先大学で学習する社会科学(法律、政治、経済…)の理解に必須な、19世紀欧米史を扱います。具体的にはウィーン体制の成立・崩壊をナショナリズムや自由主義の盛り上がりと併せて考察したり、第一次世界大戦の前提条件となるヨーロッパの国際関係を概観したりします。
対象 東大・京大など難関国立大を目指す、高2・3生
たいつ先生
私たちが普通考える「くに」という概念が、実はここ200年ちょいの歴史しか持っていないこと、時代と地域によって「くに」という言葉が指すモノがぜんぜん違うことを押さえる。
対象 世界史の通史を終えた人、二次試験で世界史がある人、ナショナリズムについて考えたい人
男爵先生
世界各地の歴史を時代区分で切り取って、世界で同時期に何が起こったのかを学ぶ
対象 世界の歴史の流れをなんとなく頭に入れておきたい人