大学受験
高校受験
先生ランキング
先生として参戦する
ログイン 無料登録

ゆう先生の力学レシピI ~本当の意味で「理解」し、楽しむ授業~

00:01
難易度:★★☆☆☆

試験:★★☆☆☆

本質度:★★★★☆

タイプ:初学者,受験生,中級以上

知識:特になし

チェック:座標系,座標変換,次回から何を考えるのか?



概要:物体の位置は,それを測るための基準となる「ものさし」(つまり原点や座標軸)を決めて初めて確定する.(ベクトルの一回目の授業参照)

その位置の変化の仕方を表す速度や加速度も同じである.そこで,その「ものさし」を別のものに取り換えるとどうなっちゃうの? というお話.

高校の教科書に載ってる「相対速度」や「相対加速度」の話だと思ってもらってもいい.



※一般に,原点や座標軸のとり方の変更に伴う各量の(表示の)変更を「座標変換」というが,ここで扱うのはごく簡単な特殊ケースのみである(本当は傾いた座標系とか,曲がった座標系への変換とか色々ある).
補助教材
補助教材はありません